12月26日学習記録 知ってるつもりはNG

やったこと

学習時間 3時間半

〈視聴ビデオ〉
2067 アヤシイ速読法に頼らず高速で大量の特許明細書を読む方法

アルキンの反応について
アルケンと同じ付加反応の項目、アルキン独自の反応についてまとめました。
基本の知識が少ないため、プロトンについて補足。酸化というワードを知ってるつもりで読み進めていましたが、電子の授受を伴う反応では、電子が奪われる反応が酸化電子を受け取る反応が還元だと再確認。

本当に基礎の知識すらない状態です。始めは丁寧に(時間をかけるという意味ではなく、分からない言葉や内容を曖昧にしない)、基礎の積み上げでレバレッジが効いてくることを信じて、やるのみ。

前日に反応機構を詳しく知らべていたので、今日の付加反応や重合反応の生成過程は理解しやすかったです。

To do

元素分析に進む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

特許翻訳を勉強中の ここと です。まずはトライアル合格が目標。そのあとはフリーランスとして翻訳者を目指します。 翻訳の勉強のこと、仕事&育児と勉強との両立、翻訳者に必要なツールなどを書いていこうと思ってます。