5月1日 令和の始まり 

新しい令和の時代が始まりました。いつもと同じ様に家族が寝ている間に起きて勉強開始。昨日からひたすら複数の企業サイトで情報収集をしている「蒸着」のまとめからスタートしました。表面改質のキーワードから蒸着へと深掘りしていますが、この分野は本当に奥が深いです。処理する基材の種類も多様で、身近なレンズから航空機の表面に至るまで、表面処理の技術はどの分野にもつながるなという印象も受けました。どの特許を見ても、「コストダウンにつながる」「より密着性の高い表面処理へつながる」もので、技術が日々更新されています。どんどん深掘りしていきたいところですが、のちのち見返す資料をPDFでストックして先に進めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

特許翻訳を勉強中の ここと です。まずはトライアル合格が目標。そのあとはフリーランスとして翻訳者を目指します。 翻訳の勉強のこと、仕事&育児と勉強との両立、翻訳者に必要なツールなどを書いていこうと思ってます。